ページ

2016年7月5日火曜日

ガス溶接作業主任者試験の出題問題と参考書が、参考になるページはありませんか。


ガス溶接作業主任者試験の出題問題と参考書が、
参考になるページはありませんか。
ガス溶接作業主任者試験の出題傾向や予想問題、
出そうな問題を教えてください。
ガス溶接作業主任者試験を独学で合格しようとしてますが、
勉強方法、勉強の時期について、ご伝授お願い致します。
実務経験はあまりありません。
しっかり勉強して、合格をめざしたいと思います。



ガス溶接作業主任者試験など、資格試験の出題問題と参考書のサイトです。
http://gamba.hustle.ne.jp/tayori/gaten/gasyss2.htm

ガス溶接作業主任者試験の参考書は、
 ガス溶接作業主任者 テキスト、
 ガス溶接技能者教本 労働省認定教科書、
 ガス溶接・溶断作業の安全 ガス溶接技能講習用テキスト、
 トコトンやさしい溶接の本
などの、参考書に人気があります。

ガス溶接作業主任者試験の出題問題例です。
ガス溶接、ガス溶断に使用する吹管(ガス溶接器、ガス切断器)の取扱いに関し、次のうち誤っているものはどれか。
(1)吹管にホースを取り付けるときは、先に可燃性ガス用ホースを取り付け、次に酸素用ホースを取り付ける。
(2)ガス容器への圧力調整器の取付けと、圧力調整器及び吹管へのホースの取付けが終わったら、可燃性ガス、酸素の順にそれぞれのバルブを開き、点火時と同じ状態にして、空吹きを行う。
(3)空吹きの終了後、吹管のバルブを閉め、容器弁、圧力調整器等を開放し、石けん水をバルブ部、接続部等に注水又は塗布して、各部のガス漏れを点検する。
(4)着火するときは、可燃性ガスバルブを1回転ほど開き、直ちに所定のライターで点火した後、酸素バルブを開く。
(5)消火するときは、先に酸素バルブを閉じ、次に可燃性ガスバルブを直ちに閉じる。

 スポンサーリンク



0 件のコメント:

コメントを投稿